メラニンを分解する治療

女性

有効な治療方法

シミはメラニンが原因で起こる皮膚トラブルの一種です。メラニンは紫外線を浴びることで発生し、角質層で作られたメラニンが年々蓄積されることで皮膚の表面にシミができます。シミができてしまったら、美容皮膚科でのレーザー治療、光治療、内服薬や外用薬治療などで消去することができます。一回の治療でシミを消したいならレーザー治療がおすすめです。紫外線でできたシミなら、たいてい一回で分解できます。3回以上の治療が必要なのが光治療です。光はレーザーよりも刺激がマイルドなので、肌が弱い人でも利用できます。また、シミだけではなく、毛穴の開き、にきび、くすみ、赤ら顔などを改善する効果もあるので、肌全体をきれいにすることができます。

コラーゲンを産生する

美容皮膚科のシミ治療に使用されているレーザー治療器は、シミ取り以外にもほくろやアートメイクの除去、ムダ毛の脱毛、さらにはアンチエイジングなど幅広い治療に使用されています。レーザーにはコラーゲンを生み出す働きもあります。レーザーを肌に照射すると、目に見えないくらい小さな穴が開きます。しばらくすると自然治癒能力によって、穴の皮膚組織のまわりにコラーゲンが増え始めます。コラーゲンが増えると、皮膚がふっくらとしてきます。レーザーで皮膚をわざと傷つけて、コラーゲンを増やして肌のたるみをリフトアップするのです。光治療器も同じようにコラーゲン生成を促進する働きがあり、レーザーはピンポイントなのに対し、光は広範囲にわたる治療効果があります。